IELTSサクセスストーリーSUCCESS STORY

カテゴリーメニュー
メニュー

New! IELTSサクセスストーリー 第一弾  清水雪乃さん(早稲田大学)のお話

今回は高校生の時にIELTSのスコアを取り大学入試に活用し、見事志望校に合格した清水雪乃さんにお話しをお伺いしました。

現在大学2年生で、授業以外にも様々なことに挑戦をし、大学生活を送っている笑顔が素敵な大学生清水さん。高校時代、自分にあった勉強方法を見つけだし、初受験から約1年でIELTS 7.5を達成しました。

さっそく清水さんからお伺いしたお話をご覧ください。

Q1. 簡単に自己紹介をお願いします
清水雪乃です。現在、早稲田大学文化構想学部国際日本文化論プログラムに所属しております。
中学生の時に、両親の仕事で海外(ルクセンクブルク)に3年間滞在しその際に国外から見た日本・日本文化を自分でも発信したいと思いこの学部を受験しました。

今年の4月からはハワイの子供達に日本語や日本文化を教えるボランティアサークルに所属し、友達と動画を作成しています。また出身高校(大妻中野高等学校)で後輩に国際系への大学受験相談や志望利用書の添削などを行うグローバルチューターを行っています。志望理由書を添削する際に後輩にアドバイスしているのは、志望大学に訪問+希望している学部でしかできないことを書きだすようにアドバイスしています。あとは、文化構想学部はメディア系に就職する人が多いので、メディアはどういった仕事なのか見てみたいと思い、アルバイトで放送局のデスク補助を行っています。

Q2. 大学生活について教えてください。

国際日本文化論プログラムは英語学位プログラムで授業はすべて英語で行われます。日本人学生15人、海外学生15人と少人数制のプログラムですが、高校にいた時より多種多様な人と触れ合う機会が多くなったと感じます。

入学当初は、同級生の英語力の高さに衝撃を受け中々思うように発言ができませんでしたが、2年生になり授業形式も慣れ今では自分からも発言できるようになりました。現在は、日本の歴史について勉強しています。中でも、同じクラスの韓国から来た学生が自国で学んだ日本の歴史と自分が日本の高校で学んだ日本の歴史の違いについて、また海外の視点から見た「かわいい」文化に着目しており、国際的なコミュニティーにいることで、毎日新しい学びがあって楽しいです。

Q3.IELTSを受験しようと思ったきっかけについて教えてください。

IELTSは日本の大学受験を目的に受験しました。私の進学したい大学は国際系の大学で英語スコア取得が受験資格の一つでした。IELTSと他のテストを受験しましたが、IELTSは目に見えてスコアアップできること、また対策がしやすいと思いIELTSをメインで受験しました。スピーキングテストも相手の反応や返答がある対面受験なので安心して受験できました。

Q4. IELTSを初めて受けたのはいつですか?またその時の印象や試験結果はいかがでしたか?

IELTSを初めて受験したのは高校2年生の夏休みです。制限時間が2時間半の試験は受けたことがなく集中しきれませんでした。リスニングは思ったより解答時間があったので落ち着いて解答できました。試験結果は満足のいくものではありませんでしたが、自分がどのレベルにいるのか分かり良い経験になりました。

Q5. IELTSのスコア履歴について教えてください。

高校2年生で初めて受験した際はoverallで5.5、半年後には6.5まで伸ばし、受験直前の3年生の夏休みでoverall 7.5(Listening 8.5 Reading 7.0 Writing 6.0, Speaking 7.5)に到達することができました。

Q6. IELTSを受験するにあたり、どのような取り組み(勉強方法)や対策をしましたか?

スコアを伸ばすために最も重視していたのが毎日必ず英語に触れ、英語を使うことに慣れることでした。

まずは問題集を何度も解くことを行いました。特にReadingは難易度が高く、分野も様々であるため、自分の苦手な分野を中心に繰り返し解きました。電車で勉強することが好きで通学時間中(40分x2)にIELTS問題集の問題を解くのではなく、なるべく目を早く動かして読むスピードを上げるようにしました。

Listeningは海外の10代の若い人の速い英語をYouTubeで聞き耳を慣らす。Writingは最後に0.5スコアアップすることが出来ましたが、なかなか自分で勉強してスコアアップすることが難しかったです。問われそうな問題について予め論点をまとめたり、IELTS試験対策の書籍の模範解答を真似たり文章の構造を分析したりし、それを使って問題を解くことで、より多様な問題へ対応することができるようになりました。

Speakingに関しては、参考書を解くというより常に頭の中で使う言語を英語にしていました。電車の中で考えたり、お風呂に入っている際に声に出してみたりするようにしました。

初めて受験した時は、Writingを重視して、勉強していましたがなかなかスコアが伸びず途中から得意な科目(Speaking+ Listening)に切り替えて勉強をしてスコアアップするようにしました。

また勉強スケジュールについて事前に決めるのではなく、その日の気分によってやるようにしていました。

自宅で勉強するというよりは、通学時間・学校や塾にいる時に勉強しました。

Q7. IELTS受験を終えて、今後の将来プランについて教えてください。(留学する予定・将来就きたいと思っている職業など)

IELTSのスコアを利用して大学の交換留学をしたいと考えています。新型コロナウイルスの関係ですぐには難しそうですが、感染者数が収まってきたら英語圏へ留学をしたいと考えています。就きたい職業は未定ですが、何らかの形で英語力が活かせる職業を志望しています。色々な国の人と関われる仕事に出会えればと思っています。

Q8. これからIELTSを受験する予定の後輩(高校生)にアドバイス/メッセージをお願いします。

特に国際系の大学を志望する方にはIELTSはおすすめです。必ずしも高いスコアでなくてもIELTSのスコアを持っていれば受験可能な大学や学部の数は格段に増えます。IELTSは試験日程が豊富で、早いうちから計画的に受験をすれば、着実にスコアアップすることができると思います。海外の試験はハードルが高いと思っている方、「百聞は一見に如かず」なのでまずは1度受験されることをお勧めします!

IELTSのお申込みはこちら

その他のサクセスストーリーはこちら

高校生の皆さまはあわせてこちらもご確認ください。

InstagramTwitter