IELTSで移住・就職(ジェネラル・トレーニング・モジュールについて)ieltsgeneraltraining

カテゴリーメニュー
メニュー

ジェネラル・トレーニ
ング・モジュールで
移住、就職

IELTSにはアカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールがあります。大まかに言うと、アカデミックは留学に利用でき、ジェネラルは海外移住・永住権申請・海外赴任等に利用できます。日本国内ではアカデミックの受験生が圧倒的に多いのですが、近年、日本国内において就職時や公的機関・企業内での英語力判断にジェネラルを採り入れるところも増えてきており、ジェネラルの需要が高まってきております。

ジェネラル・トレーニング・モジュールの概要

ジェネラル・トレーニング・モジュール(以下ジェネラル)は、英語圏での就職や移住を希望している人が、ビザを申請する際に英語力を証明するためのテストです。IELTSジェネラルのスコアや他の諸条件を満たせば、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの永住申請が可能になります。また、日本国内では就職での英語力証明にも利用できます。ジェネラルでは、日常生活や職場でのやり取りを想定した課題や設問が多く出題されます。

ジェネラルを受験すべきケース
・学士以下の留学やトレーニングに参加する場合

・英語圏での一般的な就労・職業訓練を希望している場合

・英語圏の国へ移住する場合

・日本での就職やキャリアアップを目指している場合

IELTSで移住・就職

オーストラリア
移住(永住権申請)
オーストラリアへ移住を希望する際、オーストラリア移民・国境警備省より、ビザ申請手続きの一部として、英語能力の証明としてIELTSが認められてます。移住(永住権)申請にはジェネラルが必要となり、IELTS全セクションで6.0以上のスコアが必須条件となります。

就職
オーストラリアでの就労を希望する場合、オーストラリア移民・国境警備省に、ビザ申請手続きの一部として、英語能力の証明を求められます。就労ビザ取得には、ジェネラルのスコアが必要です。ビザのタイプによって必要スコアは異なりますが、概ね5.0以上とされています。ただし、就職の際に企業が求めるスコアはビザの基準以上になる場合がほとんどなので、注意が必要です。必要なスコアについてはこちら(Who accepts IELTS scores?)にてお調べ下さい。

カナダ
移住(永住権申請)
カナダへの移住(永住権)申請する場合、申請手続きの一部として、英語力を証明する必要があります。ジェネラルはカナダ市民権・移住局(CIC)公認の英語能力テストで、移住申請に利用できます。4技能すべてで、カナダ言語能力基準(Canadian Language Benchmark: CLB)で規定されたレベルを取得する必要があります。

就職
ジェネラルはカナダ市民権・移民局(CIC)の条件を満たす試験となっており、カナダで就労ビザ、専門職登録の際に利用できます。カナダ言語能力基準(Canadian Language Benchmarks: CLB)は、カナダでの滞在や就労を意図する移住者の英語運用能力を明確にし、評価し、認定するために使われる全国的な基準です。CICで、ビザのために必要なCLB基準を確認することができます。

カナダ言語能力基準(Canadian Language Benchmarks: CLB)につきましては、こちらをご参照ください。