IELTS チャイルド・プロテクション・ポリシーIELTS Child Protection Policy

カテゴリーメニュー
メニュー

IELTSチャイルド・プロテクション・ポリシーとは

IELTSは、子どもの保護にはすべての人が責任を持ち、すべての子どもが重要であると考えています。私たちは、子どもたちのケア、保護、福祉が最も重要であり、すべての子どもたちがあらゆる種類の危害や虐待から保護される権利があることを認識しています。これには、あらゆる危害やリスクから子どもを保護する責任が含まれます。

私たちは、適用されるすべての法律を遵守し、国連子どもの権利条約(UNCRC)1989年の第19条を遵守することで、これを達成することを目指しています。

子どもとは、18歳の誕生日を迎えていない人(UNCRC 1989)と定義され、子どもがいる国や自国の成人年齢には関係ありません。

IELTSテストの管理、認知、運営に関して、IELTSは以下のことを約束します。

✔ 子どもを大切にし、尊重し、子どもの声に耳を傾けること
✔ スタッフを採用する際には、必要なチェックを確実に行うこと
✔ スタッフのための強力な児童保護システムと手順を維持すること
✔ スタッフのトレーニングを行い、子どもの保護に関する問題について共通の理解を得て、計画や実践に役立てること
✔ 子どものデータ保護の権利を守ること
✔ 懸念事項に関する情報を関連機関と共有し、親と子が適切に関与すること
✔ 明確なプロセス、監督、支援を通じて、スタッフを効果的に管理すること

私たちはこのポリシーを実施するために、適切なリソースを提供し、このポリシーが周知され、理解されるようにします。このグローバル・ポリシー・ステートメントは、法律や規制の新たな見直しを反映して、しっかり実践していくために、毎年見直しを行います。

提出書類について

JSAF-IELTSではIELTSチャイルド・プロテクション・ポリシーに基づきIELTSテストを運営します。受験日7日前の時点で18歳未満の受験者は、未成年者として以下の書類の提出がないとテストを受験することができません。

・IELTS Minor Candidate Acknowledgement and Consent Form(IELTS未成年者承認と同意書)

なお、詳細につきましては、対象の受験者全員にメールにてご連絡いたします。その際に、当該書類も併せてお送りいたします。

IELTS Child Protection Policy

IELTS believes that child protection requires everyone to take responsibility and that every child matters. We recognise that the care, protection and welfare of children are paramount and that all children have the right to be protected from all types of harm or abuse. This includes a responsibility to protect children from any harm or risk.

We aim to achieve this through compliance with all applicable laws and by adhering to Article 19 of the United Nations Convention on the Rights of the Child (UNCRC) 1989.

A child is defined as anyone who has not reached their 18th birthday (UNCRC 1989) irrespective of the age of majority in the country where the child is, or in their home country.

In relation to the management, recognition and administration of the IELTS test, IELTS is committed to:

✔valuing, respecting and listening to children

✔ensuring all necessary checks are made when recruiting staff

✔maintaining strong child protection systems and procedures for staff

✔training its staff and providing a common understanding of child protection issues to inform planning and practice

✔protecting the data protection rights of children

✔sharing information about any concerns with the relevant agencies and involving parents and children appropriately

✔providing effective management for staff through clear processes, supervision and support.

We will provide adequate and appropriate resources to implement this policy and will ensure it is communicated and understood. IELTS will review this global policy statement annually to reflect new legal and regulatory developments and ensure good practice.