体験イベント OPEN HOUSE 実施報告OPEN HOUSE

Computer-delivered IELTS Open House 1日目 レポート【2019】

2019.7.24

「コンピューターで受験するIELTS」体験イベントを実施しました!

 

コンピューターで受験するIELTS(Computer-delivered IELTS)を、東京の高田馬場にあるJSAF-IELTS公式テストセンター 東京(JP112)にてスタートする運びとなりました。第一回実施日は、8月22日(木)に決定し、それに伴い、まずは一足先に英語教育関係者の皆様に「コンピュータで受験するIELTS」を体験していただきたく、Open Houseを2日間行いました。

※ IELTSはブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構の3団体で共同運営しております。こちらはIDP:IELTS オーストラリア認定の「一般財団法人 日本スタディ・アブロード・ファンデーション(以下JSAF)」が運営するテストセンターです。

【対象:予備校・専門学校・留学機関関係者の方(定員20名)】

<内容>

1.JSAFについての概要説明・プレゼンテーション(JSAFディレクターより)

2.Computer-delivered IELTSの説明・プレゼンテーション(IDP日本統括責任者より)

3.体験会(PCルームにて)

4.IELTS ExpertのDon Oliver氏との質疑応答

5.スピーキングルームの見学

 

1日目は、予備校・専門学校・留学機関関係者の方にご参加いただきました。コーヒーやお菓子など食べながらなごやかな雰囲気で始まったOpen House。

最初に「コンピュータで受験するIELTS」の概要についての説明を、8月22日(木)より実際に試験で使用するパソコンルームに移動し、パソコンやヘッドフォンを使い体験版のComputer-delivered IELTSをお試しいただきました。コンピューターで受験するメリットの一つは、なんとWritingの文字カウントがあること!今まで数えていた人もComputer-delivered IELTSでは数える必要はありません!その他、Readingでハイライトやメモ機能があったりと、お得な情報をたくさんお伝えすることができました。

皆さん、必ず受験する前にはパソコン機能の使い方をご確認くださいね!

IELTS Essentials from IDP:

https://www.youtube.com/playlist?list=PLsuhejYkZ347Ggae0JfQePmbsqJzy8TNm

その後、スピーキングテストを行う部屋をそれぞれ見学したり、IELTS ExpertのDon Oliver氏とのインターネット中継を介しての質疑応答などを行いました。

コンピューターで操作しながら様々な質問も飛び交い、とても大好評な体験会となりました。